ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

バトルをしているうちがハナ?

学校から帰るなり、きつい口調で何を言い出すと思ったら。

「信じられる⁉︎ さっき塾からメールが来たんだけどっ!怖くない?すげー怖いんだけどっ!!」とムスメ。

私「用件は何だったの?」 

ムスメ「昨日、塾で教科書忘れて借りたんだけど、それを家に持って帰っていませんか?とかいってんだよ?なになに何なのって感じ!友達みんな、A子の塾怖いって言ってた」

 

ムスメの塾では送迎バスがないために、行き帰りのセキュリティ上の理由で、生徒の携帯電話番号を把握している。よって必要な時は電話番号を使ってSNSメッセージ側に届くのだ。

 

 私「別に怖くない。ただの質問でしょ?」

 

そう、塾からのメールは怒りのメールでも何でもなく「こんにちは。昨日間違えて教科書持って帰ってないですか?」というもの。怖いって感じるムスメの感覚がわからん。

 

ムスメ「無理無理無理。え、え、え、え、怖いんですけど」

私「何て返事書いたの?」

ムスメ「返事なんて出せるわけないじゃん!怖いし」

 

はぁ?

 

私「出してないー?何で?塾は教科書探してるんだよ?困ってるんだよ。早く返事しなきゃ」

ムスメ「え、無理、無理。怖っ」 

私「スルーする気?」

ムスメ「だって何書いたらいいかわかんないし」

 

へ?

 

私「塾の教科書を、うっかり持ってきちゃったんでしょ?今、その教科書はどこにあるの?」

ムスメ「部屋」

私「じゃすぐ連絡しなさいよ。「持ってます」って伝わればいいんだから」

ムスメ「無理だってば!何書くかわかんないんだよ!」

私「アナタこの前も先生のメールをスルーしたよね?相手は遊びでメールしてるんじゃないよ?用事があるんだよ。用事のメールに 返信しないのはマナー違反だよ。A子いつも既読スルーは犯罪だって言ってるじゃん。早くしなさいよ」

ムスメ「無理ぃーー!」

 

訳がわからない‥(泣)

 

そしてここまでのやり取りと同じ内容が、このあとなんと5回くらい繰り返されたのだ。

さすがにイライラするよ。 

 

ついに私は「早くメールしちゃいなさい!先生に失礼だよ!」

と、ひと言だけど、思わず声を荒げてしまった。

 

すると、さぁ大変。

ムスメは私の声色の変化に即座に食いついてくるではないか。

 

ムスメ「何、こんなことで怒ってんだよっ!」

私「塾にたったひと言のメールをしないからだよ!」

ムスメ「だから今しただろーがっ!」

 

私「‥‥」

しらねぇよ。メールしたって今聞いた。

 

ムスメ「メールしたのに何怒ってんだよっ!何でわかってくれないんだよっ!(塾からのメールが怖いという気持ちをわかれという)」

 

ムスメ「だからキミのこと嫌いなんだよ!ウチは最悪の親!怒ってばっか!いっつもいっつもこうやってキレて、ほんっっっっとキライ!」

 

ムスメ「ほんっとキミっていつもこうだよね。勝手に訳わかんないところでイキナリ急にキレだして。自分勝手なことばっか言ってて、人の気持ちとかわかれよ!キミってさ、他人の気持ちとか考えたこととかあるわけ!?」

 

ムスメ「なんでキミみたいのが、母親づらしてるわけ!?なんでこんな人が親なわけ?ほんっと無理っ!無理だから!」

 

塾に返信メールをするように言っただけで、これ?

 ということは、

 『 ホントね、塾からメールなんて嫌だねぇ。スルーでいいんじゃない?』とでも言うべきだったのか?

 

さすがにこの理不尽さには腹が立つ。

 

言い返す私「ただ用件に返信しなさいってだけで何なのよ⁉︎おかしいよ! それにそんなに私のことをキライなら、早く自立して出て行ったらどうよ?」

 

ムスメ「当たり前じゃん!そうするし!!」

 

非常識だよ。

オットが「あの子は、相手の立場に立って物事を考えることができないんだよ」と最近よく言う。

この場合は、相手が教科書なくて困るだろうとか。

 

せっかく作った夕飯を、帰るなり「いらない」と言ったら作った相手が悲しむだろうとか。

 

友達には相手の立場に立つことができているのか?

 

 

私は、ここのところずっとムスメとのバトルを避けるべくそれはそれは気を使ってきた。

なのにたったこれだけで全部水の泡だよ。

 

ムスメの気分を逆なでしないように。

もめないように。

怒らせないように。

出しっ放し、つけっぱなし、置きっ放し、やりっぱなしに関しては、極力言わない。

黙って私が片付けることもある。

 

そうそう、今朝なんて、ムスメのバスルームに生理中でひどく汚したショーツが放り出されたまま。

見つけた時は、うわ〜ってなるよ。

こんな時のために専用の洗剤をバスルームの引き出しに設置しておいても使わない。

水に濡らして置き去り。

 

親に見られて平気なのか。

平気で私に洗濯させる。

身だしなみの感覚を伝えているのに伝わらないってどうして?

先日は生理の2日目に白いショートパンツで出かけて粗相をしたことがあるのに学ばない。

 

「平気だってば!!」と繰り返す。

なんでこんなに強気なのだろう。

 

 

ムスメとのバトルを避けようと、言葉を飲み込み黙ることを心がけていても、ムスメが仕掛けた地雷はそこいら中にある。

 

いきなりガーッと不機嫌に怒鳴ってくるから驚く。

反抗期だから?

ホントたちが悪い。

 

何のギャル用語なのか、ムスメが言ってることがわからないので聞き返すと、よく怒られる。

私が応戦しなくても、ムスメにとってはこれもバトルにカウントされている。

 「ひどい親だ。ひどい目にあった」といちいち心に刻んで恨んでいるらしい。

 

よくムスメが言う言葉がある。

 

「小さかった頃のことはひとつも覚えていない。時々写真みたく場面が浮かぶことはあるけど。最近のことも、覚えているのはキレられて怒られたことだけ。いつもアンタ達はキレてた。嫌な思い出いかない。とにかく嫌だった。今まで生きていて楽しいことなんて何もなかった。」

 

このセリフを聞いて私がどれだけガッカリしたかわかっていただけるだろうか。

いや、私よりオットのガッカリ度合いは大変大きかった。

 

笑顔が絶えない日々だったじゃないか。

いろんなところに行ったのを全部忘れたと?

たくさんの友達と、遊んで遊んで遊んで‥どれだけ楽しい経験をしたことか。

スケールの大きな前回の海外生活を一番満喫していたのはムスメだ。

 

勝手に記憶を盛らないでほしい。

 

‥と、こういうことになるから、もうバトルはしたくないのだ。

 

 だけど、ムスメのこの惨状で、私が何も言わないでいるのはとても疲れる。だから疲れてしまわないためにムスメから気をそらす。

自己防衛のため、諦める気持ちに持っていく。

 

 すると諦める気持ちを持ったら持ったで  困ったことが起こった。

ムスメへの愛情のレベルが下がってしまうのだ。

すべてがどうでもよくなってきてしまう。

関心がなくなる。

 

高校に行けないかも?

本人が納得するならそれでもいいんじゃない?

自分の人生なんだから。

 

偏食?

一生懸命作っても食べないんだから仕方がない。

栄養と健康の話をしても、聞いちゃいないんだから。

私はこれまで通り食事とお弁当を作るのみ。

 

やるべき事はやろう。

将来私自身が後悔しないように、今できることをやるのみ。

 

「よその子を居候させているつもりでいればいい」なんて以前の日記に書いたことがあるけれど、関心を持たないでいて、自然に愛情レベルが落ちてきてしまうと、すごく虚しい気持ちになるということがわかった。

 

だけどどうしようもない。

広告を非表示にする