ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

春休みと近況

お久しぶりです。

ムスメは中学2年生になりました。

 

この春休みは今までに増していろいろなことがありました。それで何だかとてつもなく疲れてしまい、出来事や思いを文章にするためのエネルギーがどこかに行ってしまったというか‥。

 

でも日々のムスメとの暮らしは、やはり不可解なことが多くて。

「良し悪し」「常識」「ムスメと交わした約束」「過去に言った言わない」「過去の出来事」など、当事者お互いが当たり前に持つ『共通認識の共有』がムスメとはできないのです。

 

事実は少しずつムスメの都合のいい方に曲げられ、それを指摘をすると「オマエこそが事実を都合のいい方に曲げている。まったくいったいどうなっているんだ、ウチの親は!」とくる。

 

「それでは約束が違う」という私の指摘も「約束を自分勝手に解釈したのはオマエ」だと。

あるいは「今、そんな話はしていないだろ?オイ大丈夫か?」と、自分の要求だけにフォーカスさせる。

その手に乗らないようにと負けずに私が頑張れば「もうイヤだ。話も聞いてくれないのか?話ぐらいなぜ聞かない?」と。

そして

「こんなにこんなにヒドイ親は聞いたことがない。ウチの親は本当におかしいおかしいおかしいおかしい!」とさめざめと泣いてみたり、怒鳴ってみたり。

 

それならと「こんなにいろいろしてあげているではないか」と言えば、「だから今そんな話ではないだろう?なぜわかってくれない?オマエはいつも家にいて何もせずのんびりしてるだけなくせに、こっちの何がわかるよ?」とくる。

 

まぁ、噛み合わない。

これでは詐欺師ではないか。

これはやはりできる限り事実は記録しておく必要があると思い、また戻ってきました。

 

 

さて、春休みは日本に一時帰国した。

帰国するずいぶん前から「日本の韓流のアイドルのコンサートに行くから〇〇日までに帰国させろ」と強引に迫ってきたのでそれに合わせて飛行機のチケットを確保させられた。

 

「日本では遊ぶから!」「お金使うから!」と大きな声で日々言い切る。

 

それはおかしいと言えば、

「日本でぐらいいいじゃないか!」「日本に帰る時ぐらい、お金使わせろ!」と、普段何もさせていないかのような言いぐさなんだけど、何言っちゃってんの?だ。

 

日頃から中学生とは思えないほどの豪遊っぷりなのに。

 

日本でのムスメは、どこで何をしているのやらという感じ。好き勝手にやっていた。 

私の言うことなんて聞かない。

正確には「都合のいい部分しか聞かない」だ。

 

うちは実家に泊まることができないのでホテル暮らしをしていたのだが、私は長期間同じ部屋ですごく疲れてしまった。

 

暇な友達を探してはその子の家に泊まりに行ったり、ショッピングモールに行ったり、駅の周りの繁華街やファストフード、ファミレスにいたり。

ほかのお子さんは春期講習や部活にいそしんでいて、隙間の時間にムスメに付き合ってくれているわけだ。

あまり長い日本滞在はお友達に迷惑だなと思った。

 

散々豪遊して、好きなものを買って、たぶんムスメが使ったお金は15万円は下らないと思う。もっとかもしれないけど、怖くてもはや直視できない。

 

中学2年になってもムスメは相変わらずだ。

家ではスマホしかしない。

机の本棚には、参考書の一冊さえもない。

 

2時3時4時まで毎日夜更かし。

学校から帰宅して、カップ麺やインスタント麺などを食べて寝てしまう。夜おもむろに起きて、明け方までスマホ

とりあえず学校は行くからまぁいいかという感じの毎日だ。

 

週末は友達と飲み食いに出かける。

時に友達が泊まりにくる。私はご飯を作ったり、布団や毛布の用意をしたり。いろいろやる。

 

塾は基本行くけど、眠いと「疲れたんだよ!」とサボる。あるいは「タクシーを呼べ」とタクシーで行く。

 

さて良くなったところがひとつ。

やっと部活に入った。週に1回か2回、ほんの1時間程度の部活に今までに入らなかった。

疲れる、面倒、友達が怖い、新しい環境はイヤという理由で。

部活をやってない子は、学年で数人だった。でもその子達は、みな学外でスポーツをしていたりする子のみ。ただの帰宅部はムスメくらいだったので、今回入部してくれてホッとした。

 

いい事は、それくらいかな。