読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

あの惨事が再び③

一夜明けていよいよテスト前日になった。

結局前の晩はバトルで疲れ果て「先生からせっつかれた未提出の前回の数学のテスト直し」さえ、最初の数問しかできていない。

だからテスト勉強どころか、テスト当日に提出するワーク類にも、まるで手をつけていない状況だ。

真っさらなワークを見ると、途方に暮れてしまう。

 

なぜやらずに放っておいたの?

どうして嫌なことから逃げるの?

それでなんでへっちゃらなの?

不思議で不思議で仕方がない。

 

朝、ムスメが登校した後、出勤前のオットと話した。

現状を確認して、お互いため息ばっかり。

暗い‥。お通夜のよう。

オット「それじゃ今日午前中仕事行って、午後は帰ってくるよ」

私「え?いいの?」

オット「だってどうしょうもないでしょ。とりあえずここは乗り切らせて、今後どうするかは改めて考えよう」

 かくしてオットが、お昼過ぎに帰宅してくれることになった。

 

ムスメは5時間授業だけど、私は午前中に家事を済ませてから、ひとりで昨日の数学の直しを別紙に解いていった。後でムスメに写させるため。

 

午後一番にオットが帰ってきて、数学の提出ワークに取り掛かった。

私は午後は社会と理科のワークを仕上げることになった。前回のテスト同様にムスメの字に似せて解いていく。

これでムスメは理科も社会も勉強ゼロということになる。

 

ワークは、ボリュームがあって一気にこなすのは大変だった。ムスメが社会のワークの解答をなくしたというので、答えを見ずに自分で解かなきゃならない。いったいどんだけ時間のムダなんだ!

早く解答探し出して持って帰って来いよっ!とイラつく私。

 

ダイニングテーブルで、親2人がムスメ不在の家で、無言で黙々と作業をして。

はぁ〜いったいウチは何をやっているんだか。

犯罪のアリバイ作りをしているようで、とても後ろめたい。

 

3時ごろ、ムスメが帰宅した。

私たちの様子を見ても、ふ〜んという表情で無言。

父親が仕事がある日に家にいて自分の宿題をしている姿を見て、何か感じているのか?

それとも親なんだから当たり前だと思ってるのか。

 

何れにしてもオットの助けがなければ絶対に終わらない量だし、オットがいるだけでバトルも回避できるし、私にはとてもありがたかった。

 

さすがのムスメも程なくして合流し、オットの数学のワークと私の数学のテスト直しの清書を始めた。

いかにも自分で解いたかのように見せかけるには、わからないまま写すのではなく、理解しながら写さなければ、先生に見抜かれてしまう。

ムスメがわからないところをオットが解説していく。素直に聞いてるじゃん。

相手が私ならこうはならない。

ま、オットの方が勉強できるしね。そりゃわかりやすいよね。

 

それにしてもどれも時間がかかる‥。

 

社会の解答は学校にもないと言うので、友達の誰かから解答の写真をLINEで送ってもらうようにムスメに言った。だって丸つけ終えて提出だし。
しかし皆10時過ぎまで塾とのことで、LINEの既読さえつかない。
皆んな前日に塾かー。
えらいな。いいな。うらやましいな。
うちはこんな有様なのにさ。

 

その後も食事も適当にしのぎ、ひたすら黙々と作業を続けた。そして何とか社会の解答のLINEももらえて、当日分の提出物はすべて仕上げることができた。

 

今あの日からしばらく経って思い返してみると、とても嫌な気分になると同時に「客観視するとまるでコントだな」とちょっと可笑しくなる。

普通ないよね?こんなの。 

磯野家のカツオくんよりヤバい。

ムスメはその日こそ「ありがとうございました」と言っていたが、次の日はまた知らんぷりで大きな態度だし。

 

こうして受けた定期テストの結果は、前回よりもますます点数が落ち込み、大変なことになっている。

つまり前述通り、ムスメは崖っ淵から転げ落ちてしまったのだ。9教科中、8教科は大幅に平均以下。ある科目は平均点の半分とかそんな感じ。

 

社会なんて10点ちょっとだよ?平均点より60点も低い。どうしたらそんな点数が取れるのか?先生も不思議に思うだろうな。ワークをひと通りやるだけでかなりの点数が取れそうだし、ムスメが自分でやっていないことがバレただろう。

ちなみにかろうじて平均点を超えた1科目は、主要5科目ではない。

 

こんな状態になってもまだ「次はやるってば!」「頑張るってば!」をオウムのように繰り返すムスメ。その手にはスマホ、耳にはイヤホンというスタイルで。「やるって言ってるのに信用しないのかよ?」と声を荒げているけれど‥。

 

もう信用なんてできないよ。

 

日本に帰国しスマホ中毒を放置、勉強も諦めるか。

あるいは日本で頑張らせるか。

それともこの国に踏みとどまるか。

 

そろそろ真剣に考えなくてはならないときだ。

 

 

広告を非表示にする