ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

どうにでもなれー!

落ちこぼれの子供の親をやり続けるのは、もうウンザリ。

疲れ果てた。

 

学校からの電話に怯え、先生のほんのりと小馬鹿にしたような口調や笑いを含んだ声に落ち込む。

 

クラス通信、学年通信で活躍するお子さん達の姿が紹介されたりする度に、ムスメには縁のない話だと諦める。

 

テスト前の勉強はゼロ。

いつでもどこでもスマホしかしない。

宿題、課題を私にやらせる有様。

思えばムスメが自分の机に座った姿を見た事が全くない。机を買った日が最初で最後か? 

 

もちろんテスト結果は惨憺たるもの。

そして結果を見せないから先生から連絡が来ても、親として答えられずに呆れられる。

定期テストは、全ての結果が出揃うと「テスト結果一覧表」として保護者にフィードバックされる。そこに保護者コメントとサインが必要なのだが、前回は返却日を過ぎて先生に催促されたらしい。

提出する登校前の朝5分で「なんか書いてサインして」とムスメに言われた。

結果についての反省も、次の目標もあったものではない。

 

そんなわけで三者面談もキツイ。

 

そんな子供の親だから、PTAだって目立ちたくないからやりたくない。

 

ママ友さん達との会話の内容が、どうしたって合わない。

他のお子さん達が当たり前にやっている事、守っている事をムスメが何もしないから。

例えば、勉強は皆無、部活は帰宅部、塾は行かない、宿題もおろそか、スマホのルールなし、生活習慣はメチャクチャ、ひどい偏食、お金の使い方が派手でルーズ、手伝いをしない、聞くに堪えない暴言‥‥。

「M子ちゃんはどう?」って聞かれても‥。

 

そんな風にママ友さん達との会話を続けているうちに、今度はだんだんイライラしてくる。

「あなた達のお子さん、皆んな良い子じゃないの!普通に頑張っているのに、いったい何が不満だってわけ⁉︎ 子供に対してとれだけ欲張りなの?

そんな小さいことでいちいち目くじら立ててるんじゃないわよ!」

と、一発かましてやりたくなるのだ。実際は言えないけどね。

 

どうよ?

不公平じゃない?

 

優秀な子供を持つ親は、文句言っちゃならねぇよ!

 

勉強ができる子供の親がPTAの役員をやるべきだー、とか思っちゃう。だって親だけが頑張ってどうする?これ以上学校に近づきたくないの。

 

先日オットが「何もずば抜けた子供になれってわけじゃないのに。何かひとつでも懸命に取り組むものがあれば、それでいいのに」と言っていた。  

まさに同感である。

 

部活に夢中で勉強が疎かならば、それはそれでいいじゃないか。

机に向かい課題に取り組んで、それでダメならドンマイだ。

 

なぜムスメは何もしないのだろう?と、何千回何万回も考えた。

 

ムスメのでことを考えると思い切り気が滅入るのでここ数日「どうにでもなれー」というフレーズでその場を吹っ切るようにしている。

実際はすでにどうにかなっちゃってるから「どうでもいいや」って心境が言い得ているのかもしれない。

 

精神の安定を保つためには、ムスメの人生をあまり考えないようにすることだ。

 

広告を非表示にする