読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

親分が留守で治安悪化

今週は、オットが日曜午後から3泊の出張で留守だった。

 

前回の記事にも書いた通り、週末の金曜日にムスメとオットは大バトルを繰り広げた。

次の日の土曜日は、ほぼ飲まず食わずでひたすら部屋に立てこもり、日曜日は朝から友達とハロウィンパーティーへとムスメは出かけて行った。

その日曜日の午後からオットは出かけた。

 

オットが留守だと、とたんに我が家の治安が悪化する。

 

ムスメが纏う雰囲気が、傲慢で強気になる。

なるべく関わらないように、距離を詰められないように。でも無法地帯にはさせられない。

あぁしんどい。 

 

この借りているアパートメントが広めで良かった。ちょっと郊外で不便だけど、広さと部屋数を優先したおかげで、それぞれ自分の部屋があるのだ。取り敢えず逃げ込む部屋がある。ひとりになれるスペースがあるのは正解だったよ〜。

 

さて1日目の夜、すでに眠りについていた私の部屋のドアがドスドス叩かれて飛び起きた。

「ねーえー、宿題わかんないんだけどー」

不機嫌なムスメの声。宿題??

眠気と、これから起こるであろう良からぬ事態にゾワッと身の毛がよだち、布団の中で固まった。

「ねーーーえーーーーー」「ねええええーーーーーぇーーーーーー」

次第に声が大きくなる。ドアを叩く音も激しくなる。「起きてよ!」

ドアは実は鍵は閉めていない。うぅ、踏み込まれる。

私「こんな夜中に何?もう寝てるんで」

ムスメ「はぁ?まだ12時半にもなってないわっ!起きて!宿題おしえて!」ドスドスドス‥。ドアが壊れるよ〜。

私「イヤ!ムリです!」

これを繰り返すうちに、鍵がかかっていないことに気づいたムスメが部屋に入ってきた。

わ、怖い。こういうシチュエーションって想像以上に怖いものなんだな。なんて暢気なことが頭をよぎる。

ベッドサイドにムスメが立った。そして

「宿題わかんないんだけどっ!時間もったいないから、うだうだしてないで早く起きろよっ!」とわめく。

 

あとの顛末は、先日のテスト前の提出物のときと同じ。

ムスメは絶対に絶対にあきらめない。

私をたたき起こして、テーブルにつかせて、宿題をやらせるまで、もうほぼ強制である。

 

数学の宿題をB5プリント両面。それに教科書4ページ分。それなりのボリュームだ。

それも計算問題とかではない。

先生オリジナルらしいけど、なーんか生徒任せの手抜きな宿題だよ、コレ。

 

私「金曜から3日あったのになぜやらなかった?」

ムスメ「はっ?ざけんじゃねぇよ!あのクソ(オットのこと)がケンカ売ってくっからだろーがっ!」

私「時間はたっぷりあったはずでしょう?部屋にこもったりハロウィンに出かけたりできたくせに、こんな日曜の夜中・・正確にはもう月曜だよ!なんでここまで放っておく!?」

ムスメ「あのクソのせいだろうがっ!」

私「クソじゃないっ!いい加減にしなさいっ!自分はなんだっ!スマホ以外何もしない人間に何を言う資格もないっ!」

ムスメ「黙れ!結局そうやっていつもいつもふたりで組んでこっちの悪口言って。アンタよっぽとあのクソが好きなんだねっ!」

私「そういうことじゃない!」

ムスメ「そんならいいから早くコレやれよ!時間の無駄なんだよっ!」

私「やりません!明日そのまま先生に見せて謝れ!」

と、この後15分間ほど、修羅場最大の山場を迎える。内容なんて空っぽ。

 

結局夜中の3時を回る頃に、宿題が終わった。うぅ、やっぱりやらされた。もちろん私がやって、ムスメ丸写し。

途中で「アンタがやってるの待ってると、時間の無駄だからシャワーしてくる」だと。暴君だよ。

時間の無駄とはよく言うよ。ずーっとスマホしかしないで夜中になったくせに。

 

あー、ばかばかしいなぁ〜。

もしオットがいれば、こうはならないはず。私を叩き起こすのは、いつもオットがいない夜。結局母子家庭状態がしょっちゅう起こるのが、良くないのではないか??

 

「はい、そうですか」と、素直に宿題をやらされるのが腹が立つので、いつも修羅場を挟んでいたけど、あほらしいから今後さっさと無言でこなそうかなーと思った。ホントあほらしい。

 

人にやらせておいて「この前の宿題、半分間違ってたけど?」とか言いやがるんですよ。どういう神経なんだかね?「ゴメンなさい」って謝らせたいのかしらね〜。

 

そして月曜日は私がお腹が痛くてフラフラだった。

微熱もあってひどくだるい。ムスメが学校に行ってる間は、ほぼベッドでうつらうつらしていた。

 

帰ってきたムスメが「ショーパン3つ欲しいんだけど。あとTシャツも。買いに行くから来てよ。」と言い出す。

私「体調悪いから無理だよ」

ムスメ「はぁ?こっちだって、金曜の夜から丸一日何も食べなかったんだよっ!アンタたちのせいで!アイツのせいで!」

 

騒ぐのはやめてくれ、気持ち悪い、お腹痛いんだよ〜(冷汗)

え?ところで今なんて言った?

アンタたちのせい?はい?

毎食準備したのに「いりません!」と食事を拒絶したのは自分ではないか?

まぁ何とも話が通じない。結局いつも何でも自分以外の人のせい。

口グセは「M子のせいにすんな!」であるからね。

 

以前からだけど、親が体調悪いことなんて何とも思わないムスメだ。むしろメイワクだ、という感じがアリアリだ。これについては前に私が風邪で寝込んだ時に、オットが聞いて呆れていたものだ。

 

その後ムスメはひとりでショーパン3枚とTシャツを買ってきた。7000円分ほど私から持っていった。

 

帰ってくると買ってきた服、学校の物、自分のオシャレに関するものなどで、自分の部屋だけでなく、リビングも滅茶苦茶に散らかす。

コーラ、おびただしい量のチョコの食べかす。柿ピーをこぼしたもの。そしてムスメの長い髪の毛が家中に落ちている。そのままエアコンをつけっぱなし、電気もそのままで明け方までソファで寝たりする。

お風呂も入ったり入らなかったり。

あーストレスだーーー!

 

そして火曜日夜。また私が寝付いてしばらくしてからムスメに叩き起こされた。

「ねーーえーー!」「起きてよっ!」

うぅぅ‥。

「ゴキブリ取って。殺虫剤かけてもう死んでるから」とムスメ。

私「そんなのティッシュかペーパータオルで自分で取ればいいでしょ」

ムスメ「はぁ?できるわけないじゃん。ねー、いいから早く取って!!」

 

何で親を叩き起こしてまでそんなこと‥。

ホウキでもなんでも使えばいいのに。

 

眠いのにやっと起きて出て行ってみると、小指の先ほどのサイズの小さなゴキブリだった。

寝ぼけまなこで、ペーパータオルでとって捨てた。

 

はぁ〜。アンタの方が、ゴキブリよりよっぽど恐い。100倍も1000倍も始末悪いよ。