読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

イザとなれば

「しばらくムスメと離れて暮らしてはどうだ? 」とオットが言ってきた。

「病気になって入院することにして、日本にしばらく帰った方がいい。このままじゃ何も変わらない。」と。

そうね‥、そうかも。

 

それで事態は改善するのか?

オットは「今までママと一緒に居すぎたんだよ」と。いて当たり前になって、ありがたみもなければ自分の世話して当然だと勘違いしているのだと。

ほんと‥、そうかも。

 

確かに私も日本に帰りたいな。

学生時代の友達が「つらかったらいつでもウチに逃げて来な」って言ってくれる。

本当に行こうかな。帰っちゃおうかな。

無責任かな。

 

オットも出張がちで、そうすると平日ムスメはひとりでどうなるのだろう? 

「自分は何もムスメの世話なんてやらないよ」とオット。「出張ばかりだし、どうせムスメは構われてもイヤだろうし」とオットは言う。

 

ムスメからしたら、私がいないことには万々歳だろう。

物理的な不便は、自分でなんとかすればいい。

 それで解決に少しでも近づくのかな。

 

 え?学校に届け出して、留守の時のムスメの不測の事態に備えて責任者を立てろだとぉ〜? 

いろいろ面倒なのね。

まぁね、日本でもないし、危険でもあるしね。

 

イザ私が帰国したら「親のいない自由」に味をしめて、余計悪くなるのでは?という不安がある。

それともスマホだけの毎日だから、何も変わらないのだろうか?

 

私が戻った時に、かえって事態は悪化しないのか?とも思う。

もし病気入院ではないとバレたら「恨み」にならないのか?

そもそもこれは「逃げ」ではないのか? 

逃げることはありなのか?

「逃げやがった」とますます荒れないのか?

 

あーもう。マニュアルがあればいいのに。

 

でもオットが逃げ道を提示してくれたので、本当に帰国したくなってもオットのOKはもらったということだ。

 

それだけでもいくらか気が楽かも。

ふ〜。

 

広告を非表示にする