読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

大バトル勃発

今回はいつもにも増してブラックです。

先に謝ります。スミマセン。

このブログは自分自身の覚え書きがてらに書いている側面が強いので、かなりリアルになってしまいます。

 

4日前の月曜日の夜に、ムスメと壮絶な修羅場になった。オットが出張中のこと。

 

毎度の修羅場を糧にヤツはどんどん強力になっていく。

暴言がものすごい。

「とにかく死んでくれ」「早く死んでくれ」「いいかげん死んでくれ」「今死んでくれ」「ひとりで日本に帰れ」「いなくなれ」「クズ」「死ね」「警察呼ぶぞ」「頭おかしい。病院行って。早く行って」ほかモロモロを絶叫する。

あぁ、心の底から私に死んでもらいたいんだなと思った。

 

発端は「数学がまったくイミフだから教えて」と、夕方暗くなってから言われたこと。またか。ウンザリだなと、いくらか渋った。

 

最近さんざんスマホで遊んで、私が寝るころになって宿題を手伝えと声をかけてくることが多い。そこから深夜1:00や2:00になる。

とにかく終わるまで付き合わされる。「子供に気持ちよく勉強を教えようとしない親なんてオマエぐらいだ」とほざく。

 

そんなわけで、月曜日は「はぁ嫌だな、今日はやりたくないなと」思った。そもそも私が不機嫌なムスメに勉強を教えるなんて、肩で風切って歩くヤンキーに体当たりを食らわすようなものだ。

100パーセント絡まれる。

教えてやっているのに、問題を私に見せたくないとか、消しゴム使うななどという今どき小学生もやらないような意地悪もする。

 

夕飯の支度をし始めたところだったのと、バトルになるのが嫌で渋っていたら

「何ケンカ売ってんだよ!」と言う。

「早く教えろよ」って。

最近何かちょっとネガテイブな発言をするだけで、ムスメから「キレてんじゃねぇよ!」って言われて、キレたことにされてしまう。小さくボソッと呟いただけで。嘘じゃない、本当にキレてなどいないのだ。

 

何でもこの手口。
キレたことにされる。
暴言吐いたことにされる。
言ったことにされる。

「断じてそんなこと言っていない」と言うと、ムスメが「また記憶飛ばしてんだ。」と。

 

自分は好き放題。
重箱の隅をつつくように、こちらのひとつの言動をしつこくあげつらう。

内容なんて大してない。

具体的な核心に触れない。

ムスメがギャーギャー言ったことはこれ。

「人のせいにするな」 

「オマエらが、まず自分を変えることだ」

「キレるな。態度を変えるな」「言ってることを変えるな」

「よその親を見習え」「家事以外に、エクストラで◯◯(ムスメの名前)のために何かやってるか?」

 

まぁ‥、絶句ものです。

ひとっつも意味がわかりません! 

自分は正しいと思い込んでいるのか?

 

「これを今後2度と忘れないようにノートにメモれ」と言ってのけた。オマエは教祖か?何様だ。

でもさ、具体的に核心に触れないから、メモも作れないし。目の前のノートに一言二言書いてみた。

別な意味で後で検証する価値があるかもと。

 

人のせいにするなっていつも騒ぐので、何のことだろうとこれまでもずっと思っていた。

それはどうやら自分を叱るなということらしい。叱る=あなたが悪い ということなので、叱られる=自分のせいにされる というへんてこりんな解釈をしているわけ。

 

上記のことを散々言ってきて、それがあまりに激しくて言葉が汚いので、しんどくなって泣けてきてしまった。

本当に死んであげようかな、と思ったりした。

 

しばらく泣きながらささやかな抵抗を続けていた私だったが、私のことを「オマエ」「アンタ」「キミ」などと呼びながら上から目線でこき下ろしてくるムスメに対して、強烈な怒りがこみ上げてきた。

 

「テメエー!ふざけんな!」と立ち上がって、胸ぐらを掴んだらボコボコ蹴られた。そこからは修羅場。

 

先に手を出したのは私。

今後、今回先に手を出したことについて、これから一生ムスメに言われ続けることになるよ。そういうヤツなんだ。

自分もバコボコ蹴ってきたくせに。

 

勉強を教えることに関しては「基礎がない人に1から勉強をうまく教えられない」って言おうが「時間がない」って言おうが、こっちが断る選択肢がゼロなんです。事前に「◯時から教えて」と頼むようにとか「早い時間にしなさい」と言っても聞かない。

時間と気分と、すべて自分都合である。

拒否すれば倍返ししてくる。

 

そもそも教えているときに、スマホしたりそっぽ向いたりする。勉強を覚えようなんて意識もないくせに。

 

教えても理解しようとしない。

わかんないと繰り返し、騒ぐ。
散々説明させておいて、理解しないまま式と答えを写すから、同じタイプの別問題もできない。
「それじゃ勉強にならない。自分で考えて答えを書かないと」などど言うと怒る怒る。
取り付く島がどこにもない。

 

こんなにわからなくて本人も苦しいだろうに、塾の話は「余計なお世話だ!」と拒絶。
「オマエがいつも教えればいいだろう!何度でも」って。
「気持ち良く教えられない親なんてありえない。」って。

 

こじれてバトル。
疲れて気分が悪くなった。 

ベッドルームに引っ込む。

 

もはや夕ご飯どころじゃなく、そのうちムスメは勝手にうどんをゆでて食べ始めた。
そしてスマホして、さんざん動画見て友達と電話。
もう宿題残して終了モード。

 

私は何も食べず、何とかシャワーを浴びて「ヒドイ目にあった‥」とグッタリして、部屋に鍵をかけ、耳栓とアイマスクをして眠りについた。11時〜11:30くらい。 

 

ところが12時すぎにドアを叩いてギャーギャーいう声が眠りについていた私の耳栓を突き抜けて聞こえるではないか。
あんまりにもうるさく、上下階のお宅に響くかと心配になり、渋々鍵を開けた。

すると「テメー何寝てんだよ!ふざけんな!」と怒鳴り散らすではないか。

「宿題の続きをやらないのかよ⁉︎」と騒ぎ立てる。

 

私は「もうすでに寝てるんだし、こんな時間になっていいかげんにしてくれ」って言って、布団から出なかった。
でもずーっと怒鳴ってる。部屋の電気を勝手にパチッとつけて光攻めだ。眩しい。

「早くしろ!」って何度も何度も。

パニクったようになっている。
よくわかんないけど20分?は怒鳴ってたのでは?

ムスメの声が枯れてきたけどまだ「早くしろ!出てきて教えろ!」と怒鳴り続ける。

異常な光景なのである。

 

「宿題忘れると怒られるから絶対終わらせる」と言う。それならこんな時間になるまで放置するなよ。

普通は親が寝た時点で、子供はあきらめるものではないのか?
せめて声かけて断られたら諦めるものではないのか?

執念深い。

 

結局「オマエがさっさと来て教えないせいで遅くなった」「勝手に寝やがって」と、ムスメは私が寝たことをなじるなじる。

 

「自分はうどんを食べて、それから2時間半スマホしてたくせに」という私の抗議には

「黙れ!今ここでカンケーねーだろ!」

「寝たヤツが何言ってる。オマエ大丈夫か?自分が寝たからこうなったんだよ」と、目眩がするような物言いだ。


そして私のことを「勝手に教えることをやめて、勝手に寝たくせに」と結論づけてきた。

そしてすぐ「オマエ大丈夫か?」と。

 

それ以前に、普通は大人にオマエって言った時点でアウトだ。

 

正しいこっちの主張が、まともに通じない。 

 ベッドに寝ていられる状態ではなくなった。仕方なく起きて一緒に宿題をやった。

 

力ずくで、今まで自分の思い通りにしてきた結果がこれだ。世間的には「育て方が悪かった」「甘やかした」と言うのだろう。

 

本当にすごく頭にきて「もう弁当は作らん。世話はしない。」

って私が言った。

するとムスメが「は?そのくらいちゃんとやれよ。」と。そして「じゃ何をやって何をやらないことにするのか、今きちんと言え」と、生意気な事を言ってきた。

だから私は「弁当とご飯くらい自分でやれ」って言った。
そうしたら「洗濯とかは?どーせ洗濯機がやるだろーけど」ってほざく。
私「洗うだけじゃない、洗濯は干して畳むんだよ」
ムスメ「そんなのやだ」
私「じゃ洗濯はやってやる。」
ムスメ「は?それならごはんと弁当も作れよ」

私「?」

 

なぜこちらが「それくらいちゃんとやれ」と言われてんの?と不思議。

ムスメは「キミさ、ご飯や掃除、洗濯くらいしかやらねーじゃん。何かエクストラで◯◯(ムスメの名前)のためにやってるか?」と、これまた傲慢極まりない発言。

 

そして私の何が違うのか「さっきさんざん言っただろ!さっきメモった自分のメモノートを、今すぐ見直せ!」と、どこかの先生のよう。

またムスメの怒りの中に核心部分がなくて、よくわからない。

 

自分はやるべき事を何もしないくせにね。

スマホ依存症なのにね。

 

相手にすればこじれてバトルになる。

さらっと流そうとすれば噛みつかれる。

無視しようとすれば余計に怒らせる。

淡々としていても絡まれる。

明るく褒めれば「態度を変えるな」と怒る。

オットと会話しても「態度が違う」と怒る。

 

なかなかここまで可愛げのない中一女子は、世の中探してもレアだろうな。 

「ごう慢コンテスト」があれば優勝間違いなしだよ。世界王者に輝く自信あります!

 

広告を非表示にする