ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

やっぱり憑依中

あはは、やっぱり憑き物は落ちていませんでした。

毒も回ったまま(笑)

それでも最悪のときのムスメの状態の7割ぐらいの荒れっぷりで済んでいるかな。

おでこにお札を貼ってやったからなっ。

というのは冗談ですが、最悪時に比べ、ほんの少しでもマイルドになったのは、ありがたや、ありがたや‥です。

 

意識的にできるだけ同じ空間にいないようにしているのも大きい。ああいう人は、親が視界に入るだけで干渉されているって思うみたい。

何かにつけて「ケンカ売ってんのかよっ!」ってケンカ売ってくるからね。私も気が休まらないし。

 

最近ちょっと試していることは「 反抗期特有の症状」と「不登校、勉強の落ちこぼれ、スマホ依存など、反抗期とは限らない問題」を、分けて捉えるように心がけている。

とは言え、明確な線引きは難しい問題だし、あくまでもうちのムスメの場合なのだけれど。

 

「反抗期特有の症状」とは暴言、反抗、片付けない、時間にルーズなど、一般的な症状であり反抗期が過ぎて大人になれば自然と治ると期待できるもの。また緊急性の低いもの。

なのでウチの場合は、全部に手が回らないからこの際放置することにする。

普通のお宅は、コレだけで深く悩んでいらっしゃるからおめでたいものだよっ。

 

我が家はこれに「不登校、勉強の落ちこぼれ、スマホ依存」が加わるから。こっちの方が放置できない問題だと思う。どれもハマってしまうと抜け出すのが大変なものばかり。

特に不登校は未然に防ぎたい。落ちこぼれも度がすぎると困るし。

そしてこれらすべての諸悪の根源のスマホ

私は、ムスメがこんなことになっているのは、全部スマホが悪い!と言い切る。

 

なんせ、ずーっとスマホを手放さないからね。

帰宅時の道中からスマホ。帰宅後靴を脱いで最短距離を歩いてリビングのソファに座る。そこにしっかりと根を張り、他の事は何もしないでひたすらスマホのみ。土日もオールスマホのみ。食事なんて、オットがいないとスマホを見ながら1時間半もかける。途中で片付けようとすると騒ぐ。暴言。悪態。

スマホを解約すれば、確実に血を見る。自殺、殺人をほのめかすからね。まぁ私もこの脅しに屈してるダメな親なのですが。もう戦うパワーが湧かなくなったから。

 

また正直なところ、そこまでしてルールを守らせる意味はウチのムスメにはないと思う。ルールは、多少なりともそのルールの意義を理解する者に課されるべきもの。

交通ルール、禁煙ルール、銭湯のルール、駅や乗り物のルール。ルールを守る意味がわかるというもの。

でもムスメはそうではないから。

親が作ったスマホのルールなんて守らず、恨みの塊、呪いの権化と化すんだよ。ほんっとに恐ろしいんだから。

 

ところで昨日は数学がわからないから教えろって言われた。気が進まんかった。

案の定、私が説明を始めても手にはシャープペンシルじゃなくてスマホがあるんだから呆れる。 

スマホを置きなさい」と、私。

「は?何で?」とムスメ。

「人に物を教えてもらう時は‥‥ 」←(ムスメ、スルー。聞いちゃいない) 

以前はよくこの時点でケンカになっていたが、もうこういう「反抗期特有の態度」は、ここではやり過ごすことにする。

こんな感じで問題を分けて考えようとしているわけだ。

 

ムスメは、自分が問題がわからないからって「 ムカつく」だの「死ね」だのっていちいち突っかかってくる。

私「どの辺がわからないわけ?」

ムスメ「は?全部」

私「例えばどの問題?」

ムスメ「は?全部だって言ってんだろー!」

私「‥‥じゃ、ここやってみようか」

ムスメ「何勝手に決めてんだよ!全部って言ってんだよ!」

私「どっかに手をつけなきゃ始まんねーだろーがっ!」と私の怒りのレバーがピクッと触れる。

ムスメは、そっぽ向いて髪の毛を三つ編みし始めた。

私「じゃ、やめるぞ!!」

一瞬アタマに血がのぼる。が、気を取り直す。

私「②の問題やるよ‥」

 

それにしても、おっそろしく底意地が悪いオンナだよ。

自分で質問しておきながら、私にその問題の説明をさせない。

「は?知らない」「は?わかんない」「は?クソかよ!わかんないけど?」「習ってない」「なにっ⁉︎」 

「ちっ」「は?知るかよ!」

こちらがさすがに困って黙ったら

「んだよ、は?なに?文句ある?」と。

 

そもそも最初から問題の意味さえさっぱりわからないと自分で決めこんで、思考にブロックをかけているんだよね。取り組むことを放棄している。

そしてひっきりなしにスマホ。 

 

今回は、いつもよりもまた一段と意地悪だ。

「なんでヒトの教科書使ってんだよ!(怒)」

(教科書の問題を教えてるだけなんだけど)

 

「ちっ、なに人のプリント覗いてんだよ!」

(テメーが途中で関係ないプリントを見始めたから何事かと思っただけ)

はぁ、勉強教えろって言ったくせに、もうわけわからん。

「ほら、見たいなら見ろよ」(バサッとプリントを投げてよこす。感じの悪い紙の投げ方、想像してみて下さいよ。)

『意地悪をする』『気持ちを傷つける』という、明確な目的をはらんだ悪意のある言動。

さすがにいたたまれなくなってくる。ちょっとうるっとしそうなくらい。

 

とりあえずムスメにひと言伝えた。「スマホとの付き合い方を強い意志で変えない限り、いまの学力を伸ばすのは難しいと思う」と。

一挙一動を注意してもケンカになるだけ。 

 

疲れたー。

親だからスルーするけどさ、コレ、ヒドイ。

もしオットがいたらブチキレの骨頂に違いないよ。

 

転校後の学校は少しずつ慣れてきたようだけど、まだストレスがたまるのだろうとか、勉強で苦労しているんだろうとか、だから親に八つ当たりしているんだろうとか、理解はするけどね。

 

でもこういうタイプの意地悪のされ方は、ちょっと私も引きずってしまいそう。

だってムスメは私を傷つけようとしてわざとやっているんだから、それはもうグサグサくる。

 

もうムリです。ちょっとキライ。

他で言うわけにいかないから、こっそりここでつぶやくしかない。

 

読んで下さった方、いつも不快にさせてスミマセン。

広告を非表示にする