読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中2のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

憑き物が落ちたような

前回ここに書いてから、えーと‥先週の水曜日から金曜日あたりのこと、荒くれ野郎のムスメが時々ふっと「あれ?正気に戻ってる?」と思わせる時があった。

 

一番仰天したのは「宿題のわからないところを教えて」と、いつものヤサグレた感じではなく普通に私に頼んできたところ。あと「今日、数学の先生にわからないところを質問しに行ったんだ」と言ってきたこと。

ビックリである。

勉強‥やる気になったのか?

「クラスのみんなが頭が良すぎて置いていかれるから」と。

我に返ったんじゃん!

 

すごい!

やっと気づいてコレは何とかしなくちゃって思ったわけか〜!進歩進歩。

だから思い切り褒めた。

ムスメの勉強の遅れっぷりが半端ないこととか、追いつくのは至難の技だと思うとか、そういうネガティブなことはこの際ハジにおいておく。

 

そして宿題を教えていても、突っかかってくることが減った。わめかないで私の説明を聞いているではないか!

教えるときに、私にシャープペンシルを貸してくれるではないか!

消しゴムを勝手に使っても怒らないではないか!

わかった時に嬉しそうな表情をするではないか!

なんとなんと!改心しちゃった?おおおー!

 

そりゃぁまだちょっと気に入らないと「ケンカ売ってんのかよ!」とか言うし、相変わらず導火線は短い。でも今までに比べたら何というか憑き物が落ちたよう。

 

えーっ!どうしたの?

何か飲んで解毒されたの?

除霊でもした?

 

中二が反抗期のピークと言われているのに、ムスメはまだ中一だし、正直お先真っ暗だと思っていた。

うーん、コレはうれしいサプライズかも〜。

 

嬉しくなって出張中のオットにLINEした。

「えー、まだまだ喜ぶのは早いナリよ」と警戒心いっぱいの返事がきた。

それでも少しでも変わってくれるなら喜ばしいよ。

今までムスメの状況は悪化の一途をたどっていて苦しかったけど、何とか折り返し地点にたどり着くことが出来ていればありがたいなぁと心から願っている。