読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

みんなの部屋の使い方

一昨日の夜、些細なことから家族3人で騒ぎになった。

理由は、すごく些細なことだ。自分の部屋が汚部屋になっているムスメは「パソコン部屋」に鍵をかけてこもるようになった。そこでパソコンゲーム、音楽、スマホ三昧である。

 

この部屋は、いわゆる書斎でもありメインのバスルームもあるし、家族の様々のものも収納してある。いわゆる「家族みんなの部屋」だ。

だから鍵をかけてこもられると、残された家族は不便でたまらない。

ノックすれば「なにっ⁉︎」とドアの向こうで怒り口調で返ってくるか、イヤホンのせいで無言かのどちらかだ。

 

オットが「この部屋にこもるのはやめてくれ」とムスメに言った。私も伝えた。が、通りすがりにさらっと言っても聞くわけもない。

堂々と我が物顏でお菓子やペットボトルを散らかしている。

 

だから一昨日夜に「この部屋はみんなの部屋だから、ひとりで鍵かけて占拠するのは禁止だよ。使うのは全然構わないけど、鍵はダメ。他人が入っても怒らないこと」とハッキリ伝えた。

そして「あなたの居場所をなくすということではない。公共のものを使うのにルールがあるということだ」と添える。

 

ところが怒る怒る。冷静に話しているだけなのに「こんなことでいちいちキレてんじゃねぇー!」ときた。はい? え?こんなこと?

ムスメの言い分にはあまりにも脈絡がないので、今、思い出すのもちょっと難しい。

とにかく彼女はすぐにギャーギャー騒ぎ始めた。こちらが言うことには、ことごとく歪んだ視点で捉える。揚げ足を取りわめく。悪意と憎しみでゆがんだ笑みを浮かべて、私とオットを罵倒する。 

そして「いつもふたりで(オットと私)組んで、攻撃してくるとはどういうことか⁉︎ 卑怯だ。ずるい。」と。

出たよ、またこの幼稚な発想。

オットは、たまたま隣のバスルームで歯磨きと毛づくろいをしながら私たちの会話に出くわしたようなものだし、そんな切迫感はない。

 

ムスメは時々言う。

「〇〇(ムスメの名)に怒るなら、パパにも怒れ!」と。

ちょっとしたオットのミス、例えばグラスを割ってしまったときなど「なんで?なんでパパが失敗したときに何も怒らないの⁉︎怒れよ!怒鳴れよ!」と言う。

 

これは、ゲームのやりすぎか?

私とオットが同盟を結んでムスメを攻撃しているとでも?なぜ「ズルい」となるのか?

自分の行いが良くなかったという発想は皆無なのか?

 

こうして論点がズレでいくので「いい加減にせんか!」と、波平さんばりに一喝。

「ここは皆で使う部屋だから鍵かけ禁止。誰かが入っても怒らない。終わったらその都度片付ける。

単純な話だ。以上終わり」と締めくくる。

 

ムスメは怒って汚部屋のドアをバーンと閉めて戻って行った。

当たり屋復活。

 

最初はのんびり聞いてたオットも怒り心頭な様子。

ムスメにはそれほど直接言わなかったが、彼のイライラがわかる。

「9/1に宿題が仕上がらなかったら、即座にスマホ解約する。結局はスマホが全ての悪の元だ」とつぶやいた。

宿題、終わるわけないじゃん。

と、いうことは、また壮大な修羅場がくるんだろう。

スマホのことになると、生きるの死ぬのって言いだすムスメ。

 

ただ「お部屋の使い方」の話が、なぜこんなことになるの?