読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

リフレッシュ

家にストレス源がいなくなると、こうも明るい気持ちになるものか。
気分が穏やかで落ち着いている。胃痛も頭痛も起きない。

この時とばかりに、友人とディナーに出かけたりもした。たった2泊3日だけど、ムスメがいないことですっかりリフレッシュできた。
彼女のことはすっかり頭から追いやって、つかの間の自分時間を楽しむことができている。

そうか、いつもムスメの存在を意識しないようにすればいいんだ。
「気にしない」「あまり関わらない」「放っておく」と、心がけていたつもりだったけど、それが全くできていなかったのだと、実際にムスメが留守になってつくづくわかった。

なんだかんだ言って、彼女が家にいる時は、今どの部屋で何をしているか、姿が見えなくても意識を寄せてはイライラしていた。

注意しても叱っても、今まで何も良くならないどころから逆効果だった。もう「見ざる言わざる聞かざる」で行こう。
「私は私自身の生活を送る」ことだ。
その方がwin-winな関係かもしれない。
きっとそうだ。

ムスメの将来を思うとコレは見過ごせない、なんて思っていたけど、とんだ買いかぶりだった。
やっとわかった。

「またスマホか」「スマホ以外のことをしろ」「弁当箱を出せ」「夜中なのになぜ寝ない」「今度はマンガかよ」「遅刻するぞ」「偏食すぎる」「風呂入れ」「食べたものを片付けろ」「習い事をサボるな」「ヤンキーみたいなしゃべり方はやめろ」「お金返せ」「宿題しろ」「プリント出せ」「汚部屋やめて」

うぅ‥‥意識しないようにやり過ごせるかな?
ワタシ。







広告を非表示にする