読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

いちいちスマホ

昨日からムスメは2泊3日で校外学習に出かけた。

毎年一年生は、この時期に同じ場所に行くらしい。
入学以来、なんとなく同じ小学校出身同士で固まっていたのが、この合宿を経ると真の友人関係が築かれていくとのこと。なるほどね。わかるな。

それにしてもムスメは、私立から一匹オオカミ状態で入学したにもかかわらず、この短期間にどっさりと友達を作って楽しそうにしている。
 
大したものだなぁ〜。私にはできないよ。

さて、朝の集合場所は、学校ではなく家から10分くらいの場所だった。そこにバスが待っているとのと。

前の晩、ムスメに「8:20に起こして」と言われていた。
そんな遅く起きて間に合うのか?
すでにお弁当と水筒の準備もできた。
普通の日と違って、出がけに忘れ物をチェックしたり、トイレに行ったり、イレギュラーなことが起こるかもしれない。あぁ、早く起きてくればいいのに。

しかし8:30になっても出てこない。
8:35になって「起きてるの?」と部屋の外から声かけをする。「んー」と声がする。起きたかな。

8:38 部屋のドアを開ける。
と‥、な、なんと、ヤツは、ベッドにうつ伏せでスマホに興じているではないか! こんな時にもスマホ⁉︎
驚愕だ。
「何やってんの!あと10分で家を出ないと、バスに置いていかれるんだよ!」と私。
「ちっ!知ってるわ。はいはい起きますよ。」
とブツブツ言いながら、ムスメは、やっと起き上がった。

そして着替えて、髪をとかして、ごはんをひと口食べ、トイレに行って、置いておいた弁当をひっつかんで出かけた。その間、ちょうど10分。
な、なんだ、これでも間に合うのか。
ひとりであせってアホみたいだ。

それにしても持ち物の仕度を始めたのが、前夜10時過ぎ。それまでもずっとずっとスマホ三昧だった。

ところが、やっと始めたと思ったら、ちょっとやってはスマホとマンガ。そうこうしているうちに、夜中の12時を過ぎた。

「修学旅行に使った大きいリュックがダサいから、レスポートサックのボストンバッグで行く」と土壇場で言い出すではないか。
こんな時間に、今更何だ?腹が立ってくる。リュックで良いじゃないか!と言っても、昔から彼女は言い出すと絶対に聞かない。

「レスポを持って行って汚されたくない。」と言うと「レスポじゃなくてもいいけど、手頃なのがレスポしかない」と来た。
バッグの件で小競り合いをしているうちに夜中の1時になった。
これじゃ朝になっちゃう。 
仕方なくレスポを許可する。

そこでムスメがやっと風呂に入ったが、出てきてからまた部屋にこもっている。またスマホだ。
私はすでにベッドにいたが、イライラしてさっぱり眠れない。

ついに「いいかげんにしなさい!」と私は 怒鳴った。するとやっとムスメは、髪の毛にドライヤーをかけ始めた。その後、何をやっているのか夜中にガサゴソ動き回る。

うるさいわ、イライラするわで、完全に目が覚めてしまう。

そして、もう2時になろうとしているのに、また電気をつけたまま部屋にこもった。2時にスマホってどういう神経をしているのか。

ハムスターには、エサやったのか?

えぇい、もう我慢ならない!
スマホを解約するぞ‼︎」
ベッドから出て、ムスメが錯乱する禁句用語を叫んでしまう。 
さぁ、修羅場のスタートです。
私は、ありったけの暴言を吐いた。
「クズ」も「しね」も。
汚い言葉が止まらない。
もちろんムスメもだ。

ムスメは「言ったよね。自分だってすごい暴言吐いたよね」
と、鬼の首を取ったように、得意げだ。

2:30を過ぎた。
あまりにも頭に来て泣けてきた。
何も解決などするわけもなく、あきらめてベッドに戻ることにする。
眠れないし、涙も止まらないし、イヤになる。

3:00を過ぎてから、気持ちが落ち着くというサプリメントを飲んでやっと眠った。
疲れ切った夜だった。



広告を非表示にする