読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

日に日にあきらめる

ムスメが小学校を卒業した。


4年生の初めに私立に転入させて、3年間高い学費を払い、公立小学校の頭の漢字を単に「私」と名前を変えただけのような、大して学力レベルも高くない男女共学の小学校に通わせた。
 
特にムスメに過度な期待をしたわけではない。4年間の海外赴任によって生じた日本語力の乏しさと、カルチャーショックによるダメージを少しでも和らげるには、先生も友達も少しグレードアップしたほうがスムーズだと思ったのだ。 
本当にその程度の思いだった。
 
入学してみたら、親の経済力のおかげで欲しいものは何でも持っているリッチな子供達と、過保護気味な先生、立派な新校舎、何不自由のない大層に贅沢な学校生活が待っていた。
 
学校が親の過保護を歓迎するのだから、家でも学校でも基本的にぬるま湯生活である。苦労と名のつくことは、ひとつもなかったはずだ。 
彼女が好きな物だけをつめた偏食弁当も毎日作った。
 
その環境に思い切り胡座をかき、勉強などひとつもせずに漫然とこの学校で3年間を過ごしたムスメ。日本語力の乏しさも、カルチャーショックも、実は彼女には何も関係なかった。何の影響もなかったというか、つまり公立だろうが、私立だろうが、同じだったということだ。

小学校生活では、宿題以外の自分の勉強は、たったの1分もしなかった。宿題も普通にやらないで行くし、課題の提出もサボり気味、夏休みの宿題も踏み倒すという有様だ。

そして6年生のときは、一年間テストもまったく親に見せなかった。 漢字小テストの、比較的出来のいいものだけが、たまにリビングにほっぽりだされていた。

そんな小学校最後の成績も惨憺たるもので、ここまで悪い成績をとるのも、何だかある意味大変なんじゃないかとさえ感じる。
実にヒドイな。
あきらめることしか、選択肢がない状態である。
 
そして今は春休み。
 
相変わらず起きているあいだ中、スマホを離さない。あとはマンガ、テレビなど。
それが本当にムスメの全てである。
シツコイようだが、それだけ、本当に今の彼女の生活は、それだけだ。
 
そして、ひどくだらしない。片付けない。
マンガ、お菓子、ジュースを勝手に買う。何日も食い散らかしを放っておく。
そんなふうに勝手に買ったり、棚の買い置きを勝手に出したりしてお菓子の過食。

ヒドイ花粉症なのに、病院に行くのをイヤがる。
夜更かし。遅起き。
LINEで際限なく電話。
私の留守に友達を勝手に呼んでお菓子を食い散らかす。
 
まだ小学生なのに肌は汚く姿勢も悪い。
意地悪そうな表情になってきたし。
かわいかったのに、スタイルいいのに、明るくて元気だったのに。
どんどんくすんでいくようだ。
 
見かねてたまに生活態度を注意すると、暴言。
にらむ。舌打ち。
態度は最低。最低の最低。
傲慢な勘違い。
 
たまにテレビに出てくる社会の問題児の人、例えばヤンキー、チンピラ、税金を払わない人、詐欺師、クレーマーなどと呼ばれる人々。
そういう人達がテレビ番組で声を変えて顔にモザイクをかけた状態で、いろいろな言い訳、言い分をまくしたてるような場面がうつることがある。
一般の普通の感覚の持ち主には、とても腹立たしく嫌な気分になってしまうところだ。
 
でも最近は、彼らの発想や言い分が、普段のムスメとソックリであることに気付き、とてもゾッとしてしまう。

実際「あなたが言いそうなことだね」とムスメに指摘してみたら、なんとムスメはさらっと認めた。
そして「コイツヘタ。自分の方が上手に言い負かせる」と強気に言い放った。

情けない‥。はぁ。
ワタシは社会の問題児を育てているのか‥?迷惑人間を作っているのか?
 
そんなんじゃ、あっと気付いたら友達はみんなきちんと社会の一員としてステキなオトナになるかもよ。
いつのまにか自分だけ底辺にいることになるかもよ。
このままじゃ、本当に社会のお荷物になっちゃうよ。
 
さっきは
「飲み散らかしのペットボトルは片付けて」と叱ったら、憮然としてそのペットボトルをキャップも取らず、残った中身も捨てずに、流しにボンと投げ入れた。私がキッチンをキレイに片付けた直後である。 
キャップをはずして、ラベルをはがして、中身をすすいで、このどれもやらない。

だから「今、私が片付けたばかりなのに、そのまま投げ入れて、何とも思わないの?」と聞いた。
返事は「思わない」だった。 
顔はテレビ画面に釘付けのまま、しれっと答えた。
 
 なんだろうな。 理解不能だ。
この子ハズレだな。
これでまだ中学入学前です。

また今日も何かをたくさんあきらめた気分だ。
 
私は、それでもだいぶ平気になってきているのだけど。
問題は、オットがまたこの状態に慣れていないことだ。
休日はよくオットとムスメが衝突する。これがまたストレス。
 
は〜〜〜。もうオマエどっか行きやがれ!