読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのムスメは反抗期

中1のひとり娘、A子は反抗期。小6春からいよいよ扱いづらくなった。小6のクリスマスにスマホを持ってからは、態度も生活もハチャメチャに。日々吹き荒れる嵐は、いつ穏やかな風に変わるのか。日々の日記です。

ヘトヘト

友達の誕生日プレゼントを買ってくれと、文房具店で待ち合わせることに。彼女の友達の誕生日のたびに支払いは当然のごとく私。
当たり前だと思ってるって、なんか変だよね。

とりあえず店の近くまで来たので落ち合うために電話をかけるが出ない。気づかないうちに、スマホにすでに彼女からは着信が3件あった。
こちらも3回かけるがやはり出ない。
どうせ漫画売り場にいるだろうと当たりをつけて直接行く。ホラいたよ。

彼女は私の顔を見るなり「電話したら出てよっ!」とののしる。
「私もかけましたが、あなた出ませんでしたよ」
「‥‥。ね、この漫画買って」
とさっそくすり替えてきた。
「もう今月たくさん漫画は買いました。ムリ」
「なんで?お願い買ってよ!」
「たくさん買ったからムリです」
これを何度か繰り返す。

私「友達のプレゼント買わないの?次の習い事まであと15分もないよ」
彼女「どうせ買うもの決まってるし。ヘーキ。だからこれ買ってよ」
私「ムリ。早くプレゼント買いに4階行くよ」
彼女「じゃ、もういい!ここでこれ読んでる!」
プレゼントはやめて漫画のサンプルを読むらしい。

私はシラーッとその場を離れた。
どうせまだ買うものなんてきめてないくせに。文房具なんて見てないくせに。漫画に直行だったくせに。

次の習い事まで5分という段階で、彼女が私を見つけて寄ってくる。 
彼女「お願い、これ買って」
しつこい‥。
私「‥。じゃ、これ‥」とプリペイドカードを渡してしまう。
彼女は「えー、これでー?」と支払い方法まで気に入らないのか、なぜか不機嫌そうにカードを受け取り漫画の支払いに行く。

買ってやってしまう‥。
これはダメだよね。親として。
わかってるんだけど。

でも買う買わないの喧嘩はトラウマになりつつある。ましてあと5分で、何とか習い事に行かせなくてはならない。
揉め事は起こしたくない。
彼女はこんな私の心中もわかってるんだろう。なめてかかっている。

支払いのあと、今度はプレゼントだと。
「もう時間がないでしょう⁉︎」と私。
腹が立ってくる。 
そのとき彼女が「チッ」と舌打ちした。
家ではときどきやってるけど、公共の場で聞くとその音の下品な響きに血の気が引く思いだ。
親に向かって舌打ちする娘。周りにいた数人の男性に聞こえたかもしれない。

私はさすがに注意したが、もちろん謝罪も反省もあるわけもないので、とにかくトラブルを起こさずに次の習い事にいかせてしまいたかった。
だから遅刻しそうなのに、文房具店へ。

レジは長蛇の列。 「間に合わないよ。これじゃ」と私。
「全然ヘーキ」と彼女。

遅刻に無頓着な娘と違って、私は一刻も早く行かせたいので、先にレジに並んでおくことにした。

ところが娘はウロウロ店内を回り、レジに来ない。案の定プレゼントが決まっていないのだ。
「早く!順番来ちゃうよー」と声かけするが、イラッとした表情を向けてくるだけ。
結局後ろに並んだ2人の客に順番を譲ったが、それでも娘が来ないので、私は列を外れた。

結局並び直し。「私が払っておくよ」というと「お願い」と当然のように冷たく言い放って彼女は習い事に消えた。遅刻だ。

娘がいなくなってやっと呼吸を意識する。情けなくなって涙目になってしまう。
もう少し大事に扱って欲しい。
ココロの中がヘトヘトになった。

広告を非表示にする